よらの生き様

【どうしても伝えたい想い】高3の息子を持つ母親に革命のファンファーレを手渡してきた話

この記事の所要時間: 556
あきゅーさんに革命のファンファーレをお渡ししてきた話

こんにちは。
大阪の片隅でおもしろいものを探して一日が終わる生活をしています「よら( @yora_designist )」と申します。

少し日が空いてしまいましたが、お友達のあきゅーさん( @akyu4444 )に革命のファンファーレをお渡ししてきました。革命のファンファーレとはキングコング西野亮廣さんのベストセラービジネス書で現時点で32万部以上売り上げています。

革命のファンファーレ

なぜこんなことをしているかと言うと11月23日に彼女がした投稿がきっかけでした。

少し遡ってあきゅーさんとの出会いからお話します。(※本人了承済みです)

あきゅーさんとの出会い

約一ヶ月前に「【体験型トーク& DJ】人生の中での楽しくて愛おしい時間」というイベントが大阪でありました。前半のトークセッションと後半のDJセッションとに分かれた二部制のイベントで、今年の個人的注目度No.1である「DJわいざん( @yzan_travel )」と「タケちゃん( @takeshi0024 )」の対談形式で始まり、この場にあきゅーさんも来場されていました。あきゅーさんはDJわいざんのファンのようで、イベントにはよく顔を出しているらしいです。

この日のイベントの途中に「実は一歩を踏み出せずに悩んでいることがある」と初対面の僕に話してくれました。イベント自体は大盛り上がりで終了を迎えましたが、僕はそのことが妙に頭から離れませんでした。
それが最初の出会いです。

悩みを打ち明け行動に移す

その約1週間後の。あきゅーさんは一歩を踏み出しました。Facebookの投稿の一部を引用して紹介します。

Fujita Akyu
11月23日 20:37
突然ですが、今回はお願いがあって投稿させて頂きました。
それは 【『革命のファンファーレ』を卒業祝いに息子に届けたいので譲って下さい。】というお願いです。
理由は、生き別れた息子が来年高校を卒業します。卒業のお祝いに“革命のファンファーレ"を贈りたいのです。息子だけではなく、その学校の卒業生257名全員に贈りたいからです。
先日、学校の校長先生と直接お話させてもらい、学校名を伏せるという条件と、匿名で学校に送らせてもらえるという許可を頂くことができました。それだけでなく、私のことまで考慮して、生徒への届け方の提案までしてくださいました。

この冒頭以降、「なぜ多くの人に協力してもらうことを選んだのか」、「息子と生き別れた経緯」などを打ち明けてくれています。

これがあのイベントの日に悩んでいると話してくれたことだったのかとこの時知りました。

こうやって知ることができたのは、あきゅーさんが勇気を出して発信してくれたからです。

親として何もできませんでした。 でも、本の最後の一文 【頑張ってください。応援しています。】を本を介して息子に届けたいのです。

僕はこの一文で応援しようと思いました。
なぜか。
それは彼女のやりたいことが明確に伝わってきたからです。

革命のファンファーレをお渡し

革命のファンファーレ風01_帯なし

速攻で連絡を取り、、南森町のカフェであきゅーさんに革命のファンファーレを手渡してきました。
服装はもちろん赤シャツです。革命のファンファーレのパロ画像を作るためだけに買った赤シャツ・・・。

あきゅーさんは革命のファンファーレを譲ってくれる方一人ひとりの所へ出向き、今も直接引き取って回っています。

今回僕がお渡しした際には、あのイベントがきっかけで行動に移すことができたと話してくれました。

あのイベントに登壇したDJわいざんのモットーは『行動するあなたを肯定します』というもの。think140のこちらを見てもらえると140秒以内に分かると思います。

あきゅーさんはこの行動に至るまでものすごく長い間悩み、葛藤し、踏み出せずにいました。しかし、わいざんの後押しやあのイベント会場の全肯定の雰囲気、会場で次々に自分のやりたいことに挑戦し、思うようにいかなくても皆が受け入れてくれる空間。それら色々なものから勇気をもらったと。

そして勇気を出して行動し、自分の弱さまで見せて発信した結果、すごいことが起きています。

さらけ出した先にあるもの

投稿から約1週間が経ち、あきゅーさんの行動に対する結果が見えてきました。

Fujita Akyu
11月29日 7:39
今感じてることは
この状況に、ただただ驚いている事と
そして 人ってこんなにも あったかいんだと いうことです。
何度言っても足りないくらいですが他に言葉はみつかりません
本当にありがとうございます。
いま、見込みの段階ですが
皆さんのおかげで有難いことに200冊位になりました。
はっきりした数はまだ分かりませんがあと少しとなりそうです
分かり次第お伝えさせてください。

凄い!!知り合いだけでなく面識のない方からも協力していただけたようで、必要数にだいぶ近づいてきました。

この奇跡のような状況はなにも奇跡ではなく、あきゅーさんがこれまで行ってきた行動の結果なんですよね。SNSで一発発表したからといって誰でもすぐこんな結果になることは有り得ません。

真剣に人と向き合ったり、一人ひとりに想いを伝えたり、これまであきゅーさん自身が知らず知らず行ってきた行動が信用となり、必然として今回の結果になったのだと思います。

僕は革命のファンファーレを手渡すまでイベントで一度しか会ったことはありませんが、イベント会場でも自分の思いを正直に話し、誰よりもあの空間を楽しみ感動しているのが伝わってきました。

管理人「よら」はこう思う

今回のあきゅーさんの行動からは学ぶことがたくさんありました。

僕はついつい準備してから行動する癖がついてしまっていて、行動するのにすごく時間がかかってしまう。「こんな風に思われたら嫌だな」とか「失敗したらどうしよう」とか思い悩み1つ1つリスクを潰してからじゃないと行動に移すことができませんでした。
で、よし!ってなった頃には状況が変わっていてまた別の悩みが出てきたり。

やらない理由を探してる状態。それじゃあいつまで経っても行動できないですよね。今回のあきゅーさんの行動ですごく勇気をもらいました。

あきゅーさんの行動は息子さんやその同級生だけじゃなく、外側にいる僕にも影響し僕の行動が変わろうとしています。

思いは出さないと伝わらない。まず自分の考えを発信してみる。
走りながら考えようと思います!

思い切って行動してみたら、思いがけない副産物が生まれるかもしれませんよ。

※現在革命のファンファーレがどこまで集まっているかは僕は分からないので、TwitterでもFacebookでもあきゅーさんにコンタクトを取って直接聞いてみてください!そしてもし良ければ応援してあげてくださいね。