よらの生き様

初脚本に挑戦して感じた共3つのこと

初脚本作品に挑戦して感じた3つのこと

橋爪大輔という男(通称:大ちゃん)。
僕の人生に多大な影響を与えてくれた1人です。
その大ちゃんから舞台のお話があったのは2019年の半ばぐらいだったと思います。

「よし君、脚本書きませんか?」
毎回唐突なことを言ってきます。話を聞いてるとDAISUKEHASHIDUME LIVE PERFORMANCEという表現の舞台を創りたいというのです。
もちろん僕は秒でOKを出しました。

初脚本に挑戦

扇町にある初期の稽古場
扇町にある初期の稽古場

とは言ったものの脚本なんて書いたことがありません。
ただ少し前にこれまた書いたことがない絵本の物語を書いた経験はあります。漠然とこの物語に絡めたい思いだけはあったのですが、さてどうしたもんかなと。
ちなみに、この舞台シナリオに繋がる絵本はネットショップよらのお店から購入していただけます。

脚本を書く、物語を生み出すというのはものすごい自己表現だと思います。
作品には絶対にその人の人生が影響してくる。
ストーリーを考えるために深く深く自分の中に潜っていけばいくほど、自分自身の物語を描きたいと思うようになりました。

朋ちゃん覚悟のライブ配信
朋ちゃん覚悟のライブ配信

主軸を決めたらその後の作り方などテクニック的なところは、黒門カルチャーファクトリーで即興演劇ワークショップやネットラジオ番組を持ってくれているSandPitの白石涼子さんに相談しました。

そこから徐々に状況設定を肉付けしていき、稽古を続けるうちに色んな発見がありました。主に次の3つです。

  • 相手に任せてみよう
  • 共存しよう
  • やりたいならやろう

相手に任せてみよう

メレたんと一緒

稽古ではもちろん僕の書いた脚本を役者が演じていきます。
そうすると僕が想定していた抑揚・声のトーン・体の動きと役者が演じる表現が違うことが多々あります。

僕の想像と全然違う演技をしたりするんですよ。ただその時に不思議と「そこはそうじゃない!」と言う気になれなくて、「それもありだな!」ということが多かったんです。

面白いものは自分の思考の外にあったんですよね。
自分の思考は本当に狭いと感じたし、その思考を簡単に飛び越えてくれる役者2人は本当にすごいなと感じました。

全力で呪文を唱える橋爪大輔
全力で呪文を唱える橋爪大輔

相手に任せてみよう。
自分の思考の外側を見せてもらうようにノビノビ演じてもらったら、どんどん良いものになっていきました。

共存しよう

ピアニストとイラストレーターの共存
ピアニストとイラストレーターの共存

最初は3人で始めた稽古も気づけば音響・照明・美術・衣装と多くの人が関わる制作チームになっていきました。

音のない稽古場に音響が乗った瞬間ガラっと世界観が変わりました。さらにそこに照明が乗った瞬間またガラっと世界観が変わる。鳥肌が立ちました。

表現って重なるとすごい。
照明ひとつだったらつけたり消したりだけだし、音楽もそこにストーリーが乗ることで深みが増す。
それぞれ個で光っている小さな星を繋げるとものすごい星空になる。
完成した舞台美術を見た時に、それをそのまま表していたことにまた鳥肌が立ちました。

みんなを巻き込む舞台美術を創り上げた山田輝見子ちゃん
みんなを巻き込む舞台美術を創り上げた山田輝見子ちゃん

共存しよう。

僕はこの舞台制作を通して、改めて協力・共存していく環境を作りたいと思いました。

やりたいならやろう

今回の舞台の会場神戸アートビレッジセンター
今回の舞台の会場神戸アートビレッジセンター

今回組まれた制作チームは未経験の人がほとんど。
それでも70名の観客の前でしっかりと1つの作品を創り上げました。

僕の脚本だって初稿とは全然違う形になっています。
絶対に1人では出来上がっていなかった最終形。それが観ていただいたお客さんに伝わって涙にも笑いにも繋がったんだと思います。

今回の舞台だけの話じゃなく、世の中のクリエイティブは多くの才能のおかげで感動するものになっています。
それぞれ違う役割で共存している。その個人個人の才能は「楽しい」「やってみたい」から始まってる。
その時、現時点の実力なんて考えてません。楽しいと思う気持ちはもっとシンプル。ただ「やってみたい」という衝動から始まり、その結果才能を育てていく。

今回の脚本もただ「やってみたい」から始まりました。
そして今回のことで僕は確実に成長できたと思っています。

舞台みんなのみち終演後の舞台挨拶
舞台みんなのみち終演後の舞台挨拶

やりたいならやってみよう。

僕はこれからもこの気持ちを大事にするし、誰かのやってみたいという意志を応援します。

この舞台をプロデュースした大ちゃんはすでに次の挑戦に向けて走っています。
興味が湧いたら関わってみてください。

最後に舞台を観に来てくれた方の感想ツイートを紹介します。

ありがとうございました!

黒門のココだけの話