黒門カルチャーファクトリー

日常をアートせよ!リノベーション×アート事業を始めます

全アーティストに朗報!リノベーション×アート事業を始めます

こんにちは。大阪を中心に活動している理屈系デザイニストのよら(@yora_designist)と申します。
僕は「暇人」「デザイナー」「Webサイト管理者」「絵本作家」といくつか活動をしていますが、今一番リソースを割いているのが「黒門カルチャーファクトリー」というイベントスペースの運営です。

この場所を本格的に動かし始めて1年が過ぎましたが、ここにきてようやく僕たちの想いを形にしていける流れが整ってきました。

イベントスペースとしての黒門カルチャーファクトリー

男に惚れた女の話と契約結婚の話
男に惚れた女の話と契約結婚の話をしている風景

#黒門カルチャーファクトリーという場所は大阪市中央区日本橋にあり、これまでイベントスペースとして運営してきました。この場所についての想いは過去記事『黒門カルチャーファクトリーという本気でシロウトする学校』にぶつけていますのでよければ見ていただけると嬉しいです。

イベントスペースとしての黒門カルチャーファクトリーには多くの方が出入りしてくださり、ちょっと秘密基地感のあるこの場所が好きな方に愛されてこれまでやってこれたと思っています。
それは事実であり、多くの機会を作ることができたと思ってます。
関わってくれてる皆さんにはもう感謝しかない。

しかし改めて自分たちの想いについて考えてみると、どうしてもブレイクスルーが必要という結論にいたってしまいました。
イベントスペースという形が間違っていたとは思っていません。ただこのままではゆるやかに死ぬなぁと。

僕はここに「教育」という文化を根付かせたいと思ってきました。それは黒門カルチャーファクトリーという場所に根付かせたいベースの考え方です。
ただ仮にそれが根付いたとしても「ふぅ~仕事したぁ」と終わってたら全く意味がありません。
妄想だけして行動しないのと同じですね(反省してますゴメンナサイ)。
指針はただの指針でしかない。その指針をもとにサービス展開をして誰かのお役に立つ。そこで初めて意味が出てくるんだと思います。

「住」を取り入れた事業モデル

住を取り入れた事業モデル
オーナー溝端氏が仕事をしてる横で遊ぶ赤い男

教育って直接的な指導や講義だけじゃないよなぁって思うんですよね。
というのも人間生きてれば日々新しいことにぶつかるので、何事にも学びがあるもので。
なのでイベントで学びの場を提供することはひとまずの体裁は保つことはできます。
ですが情報過多のこの時代においてただ学ぶことはスマホ一台あれば十分可能です。
学びの場なんてそこかしこにあり、そこに足繁く通っている人も大勢いる。
それでも好きなことで生きるのが難しい。なぜか。
仕事が生まれないからです。

ここはめちゃくちゃ難しい問題です。
でもここを何とかすれば熱のある面白い人達がどんどん面白いことをしていけるようになるのでもっと面白くなると思うんですよね。

そのために僕が必要だと思う要素はこれです。

黒門カルチャーファクトリーが作っていきたい軸
  • キッカケ
  • 仕事の創出
  • 住環境

これを黒門カルチャーファクトリーが提供できる価値として作っていきたい。
その1つの流れとしてアートリノベーション事業をスタートさせます。

アートリノベーション事業

その名の通り、アートとリノベーションを融合させて素敵空間を生み出す事業です。
具体的には不動産オーナーさんと提携し、リノベーション案件の物件を職人さんの手によってリノベーションし、さらにその空間にアーティストさんの創造性を最大限爆発させて完成するプロジェクトです。
1つの物件、場合によってはビル一棟が作品となります。

現在不動産売買、そしてリノベーション実績のある企業と提携して進めており、6月に神戸、7月に函館で案件が入っています。

プロジェクトの流れ

これは黒門カルチャーファクトリーにアーティスト・クリエイターさん達がたくさん関わってくれているからこそ走ることができたと言っても過言ではありません。
そして今後関わってくれる方にもメリットを提供できる事業だと考えているので、どんどん関わる人を増やしていきたいです。
ざっくり分けると次の通りです。

不動産オーナーへのメリット

リノベーションの幅が広がります。
アーティスティックな空間は他にはない価値を持ちます。

アーティストへのメリット

シンプルに大きな仕事になります。
リノベーション案件が入るたびにプロジェクトが発足するので、個人での営業活動とは別の機会を手に入れられます。

買い手・借り手へのメリット

探して見つかるものでもないアーティスティックな物件を手に入れられます。
また、アートができていく過程を1つのエンターテイメントとして楽しむことができます。

アートオーディションを開催

上でも書きましたが既に6月に神戸、7月に函館での案件が予定されています。
そこでこのリノベーション物件にアートを添えてくれるアーティストの方を募集しています。
選考方法はオーディション形式。
近日中に詳細をまとめて発表します!

また応募条件としてSESSIIONに登録していただくことが必須となっています。

SESSIIONとは

SESSIIONはクリエイティブ活動を続けて行くための支援者や、コラボできるクリエイターを見つけることができるサービスです。

SESSIIONは簡単にいうとクリエイターとパトロンを結びつけるサービスです。
クリエイターとして活動していく場合に売上だけで生計を立てるのはなかなかハードルが高かったりします。
それでも活動を続けていけば自分のことを気に入ってくれる方、個人的に支援してくれる方も少なからず現れます。そんな方が一人また一人と増えていき、クリエイターがお金の心配をせずに作品作りに集中できる環境。
黒門カルチャーファクトリーとしてもそんな環境づくりを応援していきたいと考えています。
ぶっちゃけこのプロジェクトに応募するしないに関わらずSESSIIONというサービスは活用して損はないかと思いますよ。

やっぱり自分たちにできることは限られていて、色んな人に支えられてなんとか立っています。
そんな人達に恩返しというとおこがましいけど、豊かさを循環させる。どうしても自分視点になるけど楽しい世界を作っていこうと思うので、無理せず可能な範囲で協力してもらえると嬉しいです!

水野会議室