よらの価値観

考え、行動し、環境を作り、協力する。今必要な4つの要素。

今必要な4つの要素

今日から持続化給付金と特別定額給付金の申請受付が開始しました。
アクセス集中で繋がりにくかった申請ページもちょっとずつ落ち着いてきたようなので、時間を見て試してみましょう。
その2つについて書いた記事も参考にしてみてください。

さて、上記のような措置がとられるぐらい客商売は窮地に立たされています。
しかしその中で逆に忙しくなってきている仕事も存在します。
考える仕事です。

僕らは既に多くのものを失っていますが、この状況でコロナショック以前の価値観ままいたら確実に死にます。自分もですが自分の大切な人も死にます。
もうあの頃には戻れないと受け入れましょう。その上で何かを生み出さないといけません。もしくは転換する必要がある。
その最初の段階として思考のフェーズが必ずあるので、考える部分を担っている人は大忙しです(売上が上がってるとは別の話)。

思考を止めるな|まず考えること

この思考のフェーズを仕事にしている人だけじゃなく誰にでも当てはまる最初のフェーズ。
リーマンショックから経済が上向きになるまでには5年かかっています。
これは歴史が物語っていて、好き嫌いや淡い期待は一旦横において考えるべき。
だから価値観をアップデートし、何かを生み出すために考えないといけないんです。

でも考えるのが苦手な人もいる。
僕の場合、考えることは好きというか癖なんだけど、得意なのは最初の立ち上げの部分だけ。途中から細かい詰め作業、広げた風呂敷をたたむ部分に関してはどうも苦手なんです。
最後までキレイな線を描けないんです。
そういう意味では考えることは苦手な人なのかもしれない。

走りながら考えろ|手を動かすこと

じゃあ苦手な人はどうするのか。
僕はとりあえず何かやってみるのが良いと思います。

その時大事なのは『人からの称賛を狙わない』『好きなことをする』『すぐ辞めてもいい』ってことです。
あなたが勝手に始めたことを辞めたところで誰も責めません。
そこに『誰かのため』とかいう本心から外れた理由を押し出してしまうと変な見え方になってしまうので、自分のために好きなことをするだけにしておくととても気楽に始められると思います。辞めるのも気楽。

帳尻は後から合わせろ|環境を作ること

でも最初の一歩が踏み出せない、もしくは続かない人もいる。
そういう時は後に引けない環境を作ってしまうのが効果的です。

SNSに知り合いが多い人は投稿で宣言してしまうのが手っ取り早いです。
実際問題そんなことをしても周りはたいして気にしていませんが、自分的には宣言した手前ちょっと簡単にはやめられません。
特に動画撮影して宣言するとさらに効果的です。

他には自分の中のルールを作るのもオススメです。
僕は現在毎日ブログを書くことを自分に課しているんですが、その課題をクリアしたら一歩進める#一歩すごろくという遊びをしています。
一日でもブログを更新できなかったらふりだしに戻る。

意志の弱い僕はこれをSNSに投稿するという複合技で何とかギリギリ保っている状況です!

1人でやるな|人を頼ること

それでもできない場合はどうするか。
今すぐ人に頼りましょう

そもそも人に頼ることは負けでもなんでもありません。
よく考えてください。ビジネスは誰かを助けることで成立しています。つまり他人ありきです。
そこには頼り頼られる関係性がある。

それと同じで何かする時には誰かと協力してやった方がたいていハードルが下がり、規模が大きくなり、リターンも増えます。
筋トレも1人でやってると苦しいけど誰かとやると楽しくなる。

自分1人では何もできないと嘆かず誰かと一緒に始めてみましょう。
3人でも4人でもいい。

そうやって動いているうちにだんだんと自分が本当にしたいことに気づいていくもんです。
誰もが一発で人生の目標を見つけているわけじゃないし、多分それって変わっていくものです。

今いちばん要らんのはただ他人の足を引っ張ること。
これは何も生まない。

今ハマっていることはこれ!というぐらい軽快に人生を楽しんでいる人が他人に与える影響って結構計り知れないものがあります。
何より一緒に居て気持ちいい。

今の時期はある意味ボーナスタイムのようなもの。
皆が手探りの状態なので色々とテストをするハードルが低いんですね。
でもボーナスタイムは有限です。

今のうちに色々と試してみて、軽快な人になれるように僕も頑張ります!

黒門のココだけの話