黒門カルチャーファクトリー

[UNDERTALE]久々にゲームをして楽しかったという日記

[UNDERTALE]久々にゲームをして楽しかったという日記

僕は黒門カルチャーファクトリーという教育を面白くするための場所を運営しています。
今はイベントスペースという印象が強い場所ですが小さいながらネットラジオ局としても活動しており、発信する体験そのものがもつ教育の側面を感じています。

その流れで黒門カルチャーファクトリーの地下スペースを撮影スタジオとして活用することを模索していて、今日はゲーム配信のテストをしてみました。

登場人物

よら(水野嘉彦)
よら(水野嘉彦)
エンジェル天彦
エンジェル天彦
デビル悪彦
デビル悪彦

深面白いUNDERTALE

セッティングに悪戦苦闘しながら何とか配信にこぎつけてやってみた作品はUNDERTALE(アンダーテイル)という作品。

UNDERTALEとは

『Undertale』(または『UNDERTALE』、アンダーテール又はアンダーテイル)は、インディーゲームクリエイターであるトビー・フォックス (Toby Fox) が開発したコンピュータRPG。2015年9月15日にMicrosoft WindowsおよびOS X向けに発売された。
引用:Wikipedia

元々PCゲームとして発売されていたRPGゲームが人気が出て各ハードに移植された経緯があります。
なぜそんなに評価されたかは少しプレイしてみただけでもその一端を感じ取ることができました。

このゲーム、RPGだけど誰も殺さなくていいんですよ。
実際、この配信では一度も『たたかう』コマンドを使用しませんでした。

心では何度か殴ろうとしてたけどな。

してたねー。

やっぱりゲームは楽しい

ちょっと異質なUNDERTALEをやってみた感想は『めっちゃ面白い』!
全く前知識のないゲームだからかもしれませんが久々に何も考えずにゲームの世界に没頭できたんですね。

(ゲームを始める前に30分ぐらい音が聞こえない問題を垂れ流してました。ゴメンナサイゴメンナサイ…。)

そう!こういうことがしたかったんだ俺は!

ゲームはとても素晴らしい教材だと思っています。
映画で描かれる憧れたくなるようなキャラクターからは生き様を学べるし、主人公からは人の成長を学べる。自分で操作して登場人物からのリアクションもあるという面で、映画よりも没入感の高い教材だと思います。

ビジネス目線でも勉強になることが多い。
とても色々な経験をもったゲームプランナーや監督と呼ばれる人が設計し、音楽家が作曲し、紹介動画の制作部隊がカッコいいトレーラーを作り、営業部隊が販促ルートを開拓する。
みっちりビジネスです。

なにより日常の社会とは切り離して純粋な気持ちで楽しめる。これがでかい。
趣味を持つことは本当に人を豊かにする。
誰かの揚げ足取りに使う時間があるならゲームしようぜ!って思う。

とりあえずPKしようぜ。

UNDERTALEはオフラインゲームだからねー。

チッ!

今後のゲーム配信

よら(水野嘉彦)

今回テストながらゲーム配信をやってみて純粋に楽しかったので、ひとまずクリアまで続けてみようと思います。

UNDERTALEはこのままこみぃのチャンネルでやっていきますが、黒門カルチャーファクトリーのYoutubeチャンネルでもゲーム部みたいなのを作って配信していくつもりです。

やってほしいゲームがあれば挑戦していくので教えてください!
あー楽しい!

黒門のココだけの話