よらの生き様

【猫がいる暮らし】噛み癖がある猫様と共存するデスクトップ環境

【猫がいる暮らし】噛み癖がある猫様と共存するデスクトップ環境

我が家には11歳と2歳の猫がいます。
猫にも性格がいろいろあって、壁を引っ掻いたり配線を噛んでしまう子もいます。
うちの2歳の猫は後者で、かなりの数の配線がやられてきました。。

しかし、猫を追い出すかといったらそんなことはしたくなくて。
むしろ猫様の家に僕らが住まわせていただいているわけで。
なんとか共存できる道を探すのが建設的です。

そこで完璧じゃないにしても、今のところ我が家でやっている猫と暮らすデスクトップ環境をご紹介します。

登場人物

よら(水野嘉彦)
よら(水野嘉彦)
ミーちゃん
ミーちゃん
ニャック
ニャック

デスクの上側

デスクの上にはディスプレイと猫用ベッド

デスクは幅180cm×奥行き60cmぐらいの長机を使っていて、向かって左隅に猫用ベッドを2つ用意しています。

猫は1日に20時間ぐらい眠ると聞きました。
実際かなりの時間寝ています。

デスクワークをしているとキーボードの上やディスプレイの前に容赦なく寝転んで作業妨害のご褒美をくれるので、快適に寝られるふかふかベッドをクッションで用意させていただきました。

【猫がいる暮らし】噛み癖がある猫様と共存するデスクトップ環境

ディスプレイはディスプレイ台に乗せています。
これは猫との暮らしにはイチオシ。

猫と暮らしている人はディスプレイを少し高めに置きましょう。
そうすることでディスプレイ前に⊂⌒~⊃。Д。)⊃と寝られた時も画面の下の方が見えなくなることがなくなります。

ディスプレイ台はUSBポートが4つあり、幅を4段階に調節できるタイプのものを使っています。
やってみると猫との暮らしにはこれがめちゃくちゃ使いやすくて良いんです。

理由はPC周りのアイテムを隠せるから。
上の画像の左側の台は普段ベッドのふかふかで覆っています。
この下側のスペースにUSBの拡張ハブや配線などを隠すことで噛み癖のある猫様対策になるんです。

配線が消えたにゃーん

猫のサイズに合わせた箱

無理やり箱を利用するミーちゃんと電池が切れたようにフリーズするニャック
箱の存在意義を人類に問う猫神様

猫と暮らしている方には常識になっているかもしれませんが、デスクの上には必ず適度な大きさの箱を用意しましょう。

猫にも趣味嗜好の違いがあるので金属が嫌いな猫様の場合は素材を変えたりタオルを敷くなど試してみましょう。
ここにスポッと入ってもらえるようになると作業効率が格段に上がります。

ディスプレイアームと猫箱と猫

あたしが入りたいタイミングで入るから

以前の状態だと箱を置いたらデスクスペースが狭かったので、もう1台のPCに接続しているディスプレイはアームを使うことにしました。

これで奥行きが出せる上にディスプレイの下に猫箱を置けるようになったので、猫と画面を交互に見ながら作業できる快適なテレワーク環境ができあがりました。

デスクの下側

机の上を広く使いたい(猫のベッドスペースを確保したい)ので、うちではPCをデスクの下に置いています。

PCを直接床に置くのが嫌なので、デスクの下にコの字型の小さいサイドテーブルを用意し、その上にPCを寝かせて置くようにしました。
机の下に机。
昔買ったものなので同じのが見つからないけど近いのはこんな感じです。
PCの高さを考慮して低めのテーブルを選ばないと下に入り切らずに残念なことになるので気をつけてください。

【木目&木製/スタッカブル&省スペース/収納/おしゃれ 家具 北欧 幅50/幅40】四角形/2個セット

猫様と暮らしていると掃除問題に必ず直面します。
掃除がしやすい部屋環境とアイテムを用意すると生活の質がぐんと上がります。
足元に高さがあると掃除もしやすくていいですよ。

以前はデスク下に置いたPCから長いUSBケーブルを繋げて無線ヘッドセットの充電をしていたんですが、その長い配線を噛み噛みされて配線がお亡くなりに…。
長い配線を丸出しにしてるのはハイリスク。
このディスプレイ台のUSBポートから短いケーブルで給電することでだいぶリスクを抑えられています。

S字フックでヘッドセットを裏側に引っ掛けて隠す

デスクの下に置いておくと猫様のおもちゃになるので、ヘッドセットはディスプレイの裏側にS字フックで引っ掛けてます。

あまり美しくはないけどスペースを有効活用できてスッキリ。
猫様対策にもなっています。

消えましたよ!おもちゃが消えましたよ!

収納ケースと配線カバー

延長タップから配線がたくさん出ているのは噛み癖のある猫様にとってはおもちゃ同然。
うちではなるべく目につかないようにするために収納ケースを利用しています。

また、出ている配線は配線カバーをぐるぐる巻いて保護すると思った以上に効果的でした。
取り外しが面倒だけど、ほぼ固定のまま動かさない配線に関しては巻いておいた方が良いと思います。

ちなみに猫様たちが快適にデスクに乗ることができるよう、書類などが入れられるスツールにふかふかを被せて階段としてご利用いただいています。

今取り込み中ですのでね

スツールも割と快適なようで、日当たりの良い時間帯はここでお休みになられてることも多く。
もちろんその時は中に入れている書類などは取り出せません。

それでは、快適な猫との暮らしを!

ナニモノリンク
黒門のココだけの話