よらの価値観

クオリティに左右されずブログで必ず人の心を打つ方法

地元の友人と初のZoom飲み会

先日、地元である愛知県瀬戸市の友人らと初めてZoom飲み会をしました。全員同級生です。
地元は瀬戸市の中でも山の方でUberEatsなどのデリバリーの範囲外。現場の仕事が多いためテレワークなんて文化も浸透せず、同年代でもSNSに疎い人が多い。そんな土地の友人が突然ブログを始めると言い出したので、それに対する僕の天才的な解答を残しておきます。

ブログを書く理由

僕の彼女は女子大生

その友人は17歳年下の彼女と付き合っています。
ちなみに友人(もう面倒くさいので名前を出しますが)、容一くんは現在38歳です。つまり、彼女は21歳。就職活動中の大学3年生です。
これだけ年の差があるとやはり色々と思うところがあるはず。
「年の差なんて関係ないよ」というオウム返しのように繰り返される声なんてこれでもかというほど聞いてきたんだろう。

だからこそ、過去の自分と同じように悩んでる人に『踏み越えてみると意外と何でもないよ』ということを伝えて背中を押したいとの想いはめちゃくちゃいいと素直に思ったよ。

人の心を打つために

そんな容一が初めて書いたブログがこちら

「なんだか小説のプロローグみたいになっちまった」と本人は言ってましたが、それでもとりあえず書いてみたことはマジで素晴らしいです。

これについて相談を受けた際に僕がしたアドバイスは1つ。
『背中を押したい相手の悩みをリストアップしてみよう』
まずはここからかなと。

知らない奴のただのデート報告や『今日も幸せでした!』的な日記を好んで見る人なんてよっぽどの物好き以外はいません。
それだとせっかく届けたい層にも見てもらえなさそうなので、背中を押したい相手の悩みを解消する方向、知りたいことに寄り添った内容がいいんじゃないかと思ったからです。

しかし、そんな普通すぎるアドバイスをドヤ顔でした直後にふと確実に勝てる方法を思いついたのでブログで残すことにするね。
なんか文通みたいでドキドキするね。

確実に話題にする方法

簡単にいうと続けることです。これ以上ないくらい単純なこと。
これをあなたが90歳になるまで続けてください。

現時点でブログを50年以上続けている人はいません。
これがどれほどの偉業かが分かると思います。でもやっていることは今やっていることと同じ。難易度が高いわけではありません。

今17歳の年の差はたしかに大きく映るでしょう。
しかし90歳と73歳ではたいして離れてる感じもしない。
離れてはいる。たしかに離れてはいるが、まだ分からんでもないレベル!

多くの同じ状況の人たちが年の差で悩んでいる。それを気にしなくていいように背中を押すのであればこの年齢になってしまうのが一番説得力があります。
その説得力を最大限に発揮するために90歳までブログを書き続ける。
するとさすがにその頃にはちょっと有名になっていて、メディアにも取り上げられ、おそらく1ヶ月ぐらい前からカウントダウンが始まるでしょう。あのワニみたいに。
そして、90歳のその日にブログをアップした日には国を上げてのお祭り騒ぎになること間違いありません。

人生100年時代とはいえ、90歳まで生きて活動しているのはやっぱりすごいし、その日まで書き続けることは誰にもできない。ダブルで祝福されることになる。

その時、より多くの人の胸を打ち、あなたが伝えたい層だけでなくこれからそういう体験をするであろう層にまで届くことになります。
しかもこの段階になれば文章のクオリティ云々の話ではなく魂レベルの話。
クオリティどうこう、戦略どうこうをこねくり回している勢力は相手になりません。

これが僕の描く唯一確実に人の心を打ち、年の差に悩む層に届ける方法です。
90歳まであと51年と◯◯日。

あとはやるだけです。
頑張ってください。

黒門のココだけの話