よらの価値観

ヒプノティックリズム(習慣)をコントロールする10の要素

習慣を操れ!

突然ですが、自分の習慣について深く考えたことはありますか?
何気なくしている行動、思考パターン、常識。
それらは全て習慣によって作られていると『思考は現実化する』の著者ナポレオン・ヒルは言います。

そのナポレオン・ヒルの著書『悪魔を出し抜け!』を読んだ名古屋の全力パフォーマー鈴木重雄が熱いアウトプットをしていたのを見て、習慣について考えてみることにしました。

登場人物

よら(水野嘉彦)
よら(水野嘉彦)
エンジェル天彦
エンジェル天彦
デビル悪彦
デビル悪彦

ヒプノティックリズムとは

ここまで涼しい顔してヒプノティックリズムという言葉を使ってますが、現時点で全く理解しておりません
なんすかそれ。聞き慣れない言葉です。

重雄はFacebookの投稿で『ヒプノティックリズム(習慣を永続的に固定しようとするもの)が大きな鍵!!』と書いていたものの、ちょっと何言ってるか分からないので調べてみました。

ヒプノティックリズムとは

簡単に言うと自然と同じ働きを繰り返す法則性のこと。
もっと簡単に言うと、習慣です。
引用:笑顔を引き出す心のスイッチ

つまりあらゆるものが習慣化するという自然法則もしくは習慣そのもののことを指すようです。

なるほど。重雄、疑ってごめん。

習慣はコントロールできる

さらに重雄はFacebookの投稿の中でこうも言っています。

習慣が固定されてしまうなら、どんな習慣を作れば幸せになれるのか!?
流されない習慣を作ることで自分で人生を切り開くことが出来る!
そのために…

鈴木重雄Facebook投稿より

つまり、習慣を任意で作ることができると説いているのです。

俺には「幸せになりたい!」って叫んでるように見えるぞ。

幸せの定義って難しいねー。

では他人に流されない習慣を作り、自分らしく生きるにはどうすればいいんでしょうか。

僕はこの本を読んだわけではないので本に書かれている内容なのか重雄独自の視点なのかは分かりませんが、重雄は次の10の要素を挙げていました。

ヒプノティックリズムとは

  • どんなときも自分の頭で考えること
  • 自分が人生に望むものを明確にすること
  • 失敗したときはその原因を分析する
  • 人生で得たい富と同じだけの価値があるサービスを喜んで他者に与える
  • 脳は受信機、周波数を合わせることで自分の願望を具体的なものに変換できる
  • 時間は財産
  • 恐怖は人間の意識の使われてない部分を悪魔が占拠するために使うもの。望めばなんでも手に入れることができる
  • 祈るときはお願いしてはいけない!はっきりとほしいものを要求する
  • 人生は厳しい修行の場!その監督者は人間か、人生かしかない!自分の意思で拒否できる力がある!
  • 頭がある考えで支配されるとそれは大自然の法則によって現実の前に現れる!自分の考える内容に注意をすること!

どんなときも自分の頭で考えること

これは日々思います。
「誰かが言ってたから」は根拠の説明にはなりませんからね。
本当にそうなのか?と常に疑う姿勢を持つことが大事。でも別に疑心暗鬼になれって話じゃないんです。疑うのはその情報の真偽。正しい情報は人を救います。

自分が人生に望むものを明確にすること

望むものを明確にしていくこと、繰り返し思い描くことで思考が現実化していくという考え方です。
これも体感として理解できます。
外向けにアウトプットすることで初めて他人は自分の想いを知ることができる。知っていたら協力できることもありますからね。

僕はしたいことをすぐにできるだけの時間とお金、そして一緒に色んな悪巧みができる人間関係が欲しいです。
よろしくお願いします。

失敗したときはその原因を分析する

何事も経験。
失敗は成功よりも多くを学べる経験だと思います。
といってもなるべく失敗したくないけど。というより『失敗しないよう手を尽くして努力した結果の失敗』に学びがあるんでしょうね。

人生で得たい富と同じだけの価値があるサービスを喜んで他者に与える

『人生で得たい富と同じだけの価値』というとものすごい膨大なものに聞こえますが、一括で与えるという意味じゃないと思うんですよ。
人生で得ている価値は毎日の積み重ねです。感謝したりされたり、ゴメンナサイしたり。足し引きしながら積み上げたのが自分の人生であり、今日受け取れる価値はこれまで積み上げてきたものそのもの。

小さい価値の積み重ねです。なので都度与えていけばいいんです。
何かしてもらったらありがとうを伝え、困っていたら手助けする。その総量が『人生で得たい富と同じだけの価値』になると思います。

脳は受信機、周波数を合わせることで自分の願望を具体的なものに変換できる

変に自分を下げたり、自分の可能性を自分で閉じないこと。
これね、結構勇気がいるんですよね。でもまず挑戦してみて後から本気でそこに合わせにいく
そうすると意外と多くのことができたりする。どれだけ本気になれるかですね。

時間は財産

早起きしよう…。

恐怖は人間の意識の使われてない部分を悪魔が占拠するために使うもの。望めばなんでも手に入れることができる

不安に思っていると起きてもいない未来について勝手に『起きるもの』として決めつけてしまいがち。でもそれ冷静に考えて確率何%ぐらいで起きそうですか?その確率で宝くじ買ったらどっちに転ぶと思いますか?

祈るときはお願いしてはいけない!はっきりとほしいものを要求する

上に書いた望むものを明確にするということと共通すると思います。
神様、未知なる存在に言うというより自分自身に認知させる
それが自分の中の神様に伝える一番の方法な気がする。

人生は厳しい修行の場!その監督者は人間か、人生かしかない!自分の意思で拒否できる力がある!

選択権は常に自分にある。
自分を動かす最後の選択は自分でしていることを理解すると『あいつのせいで』という不満も出にくくなります。

頭がある考えで支配されるとそれは大自然の法則によって現実の前に現れる!自分の考える内容に注意をすること!

思考は現実化するということなんでしょう。
直接的に大自然の法則がどうとかは分かりませんが、少なくとも自分の言葉は自分が一番聴いています。ネガティブな言葉を使い続ければそちらに流れる。

その結果思考が変わり、行動が変わり、周りの反応が変わり、世界が変わるという流れはありそうです。
なら自分が望む世界に沿った言葉を使う方が良さそう。

面識もないのにメッセージもなくFacebookで友達申請してくる奴居なくなればいいのになぁ。

思考が言葉に出てるねー。

聞いてもいねーのに「俺は~」「私は~」とエピソード語って話の腰を折る奴スベリ倒せばいいのになぁ。

不満がいっぱいなんだねー。

最後に

よら(水野嘉彦)

最近は料理に目覚めたり、多方面で才能を開花させてる鈴木重雄の今後に注目です。

最後に、鈴木重雄が投稿の中でこんなことも語っていたというものを付け加えて締めたいと思います。

この本が出されたのはナポレオンヒルが亡くなって何十年も経ったあと。
ほんとに悪魔がいたのかも。。

鈴木重雄Facebook投稿より

・・・・・・。

重雄かわいいよねー。

黒門のココだけの話